[PR]

 弁当店「ほっともっと」を展開するプレナス(福岡市)は、スマートフォンを使った出前サービスに対応する店舗を、従来の55店舗から来年2月末までに500店舗に拡大する。出前サービスは宅配代行の「ウーバーイーツ」や「出前館」と提携して行う。

 出前サービスで売り上げ増の効果がみられたため本格導入に踏み切る。従来の持ち帰りの顧客層でカバーしきれていなかった20~30代の利用が多く、高単価メニューとサイドメニューの注文が増えたという。

 プレナスはコンビニ弁当との競争激化から、全国の直営店190店を順次閉店。特別損失を計上し、2019年8月中間決算は純損益が8億7300万円の赤字だった。出前サービスの強化で、店舗で待たなくても手軽に利用できるようにし、顧客を開拓する。(長橋亮文)