[PR]

 選手やスタッフにパワーハラスメント行為をしていたとして、J1湘南の監督を退任した曺貴裁(チョウキジェ)氏(50)に対し、日本サッカー協会は14日、指導者資格の公認S級コーチライセンスを1年間停止すると発表した。同日の理事会で決定した。期間はJリーグがパワハラを認定した10月4日から来年10月3日まで。協会が指定する研修や社会奉仕活動などを課すという。

 Jリーグは、すでに譴責(けんせき)と公式試合5試合の出場資格停止処分を下していた。曺氏は10月8日に監督を退任した。日本協会はJリーグの監督や選手の処分に干渉しないことになっているが、指導者資格を認定する技術委員会には、「指導」の名目で注意や資格降級、資格失効などの裁量が与えられている。