[PR]

(14日、日本2―0キルギス)

 観客席にウェーブが起こる。ホームの大声援を受けたキルギスは動きがよく、日本は前半、押された。33歳の長友は何度も味方に声をかける。両手を広げ、上げ下げして落ち着きを促した。

 一部、茶色く枯れた芝も交ざったピッチは荒れていた。球がうまく転がらない。長友は、「パスが引っかかって、逆襲を食らうのが怖かった」。相手のサイドの選手が積極的に前へ出てきたことも考慮し、バランスを保った。得意の攻撃参加は自重した。攻守がめまぐるしく入れ替わった試合の流れを冷静に読み、無失点勝利に貢献した。「難しい試合だったが、ゼロで終えたのは評価できるね」

 2008年の初出場から122…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら