[PR]

 36人が死亡した京都アニメーションの放火殺人事件で、さいたま市見沼区の無職青葉真司容疑者(41)=殺人容疑などで逮捕状=が京都府警の病室での事情聴取に、第1スタジオを襲った理由について、「一番多くの人がいるのでたくさんの被害が出ると思った」との趣旨の説明をしていたことが捜査関係者への取材でわかった。青葉容疑者は14日、大阪府内の病院から京都市内の病院へ移送された。

 京都府警によると、全身をやけどした青葉容疑者は順調に回復し、大阪府内の病院で受けていたやけどの専門的な治療が終わったため、京都市内の病院に転院した。府警は今後、回復状況を見極めながら、逮捕時期の検討に入る。

 捜査関係者によると、府警は転院を控えた8日、入院先の病室で、動機面を中心に1~2時間、任意で事情を聴取した。

 青葉容疑者は事件3日前の7月…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら