[PR]

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長で、かつて国内外で活躍した名ゴルファー青木功さん(77)が14日、静岡県御殿場市の市立原里小学校を訪問し、児童らにゴルフ人生で学んだことをユーモアを交えて語った。

 市内のゴルフ場で開幕した「三井住友VISA太平洋マスターズ」に伴う社会貢献活動の一環で、同校を含む3小学校と市にゴルフの基礎体験用のスナッグゴルフ用具が計4セット、JGTOから贈られた。

 青木さんは5年生約100人を前にした講話で「負けず嫌いで人一倍練習した。完成と思えば成長なし」と話した。「どうしたら緊張しないか」という質問には「ひとから見られていると思わず、自分が打つところを見て、と思えばいい」とパットの名手ならではの極意を伝授。スナッグゴルフの実演では短いクラブでも正確で鋭いショットを披露し、拍手を浴びた。(六分一真史)