[PR]

 ソフトバンクグループ(SBG)傘下のZホールディングス(ZHD、旧ヤフー)は14日、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(ゾゾ)に対する株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。ZHDはZOZOを連結子会社にし、若者に人気のゾゾタウンを取り込んでネット通販事業の強化を図る。

 9月30日から11月13日までの買い付け期間で、発行済み株式(議決権ベース)の50.1%分を買い付けた。買収金額は4007億円。ZOZOは上場を維持する方針だ。

 ZOZO創業者で前社長の前沢友作氏は、TOBの発表があった9月12日付で社長を退任。前沢氏はZOZOの発行済み株式の約37%を持っていたが、約19%分を手放した。