[PR]

(15日、大相撲九州場所6日目)

 役者不足の大相撲の取組表を見るのは寂しい。幕内の休場力士がはや6人になった。このところ土俵上でのけがが実に多い。思い浮かぶのが転がる稽古の不足だ。

 朝稽古の仕上げに行う「ぶつかり稽古」は、クタクタになりながらも足を運ぶ。相手を土俵の外に押し出すという相撲の基本とともに、もう一つ大事な意味合いを持っている。

 ぶつかり稽古では、最後に頭を…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら