[PR]

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」を巡り、脅迫めいたファクスを送って業務を妨害したとして威力業務妨害の罪に問われた無職堀田修司被告(59)=愛知県稲沢市=の判決が14日、名古屋地裁であった。板津正道裁判長は懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。

 判決によると、堀田被告は8月2日朝、表現の不自由展で慰安婦を表現した少女像が展示されていることに対し、「大至急撤去しろや」「さもなくばガソリン携行缶持っておじゃますんで」などと書いた文書を、会場となった愛知芸術文化センター(名古屋市)に送り、職員らの業務を妨害した。裁判で堀田被告は、少女像を撤去させるために犯行に及んだと動機を説明した。

 板津裁判長は「ガソリンを用いた放火により多数の死傷者が出た事件の発生から間もない時期に同様の事件をほのめかす内容の書面を送付した」と指摘。「書面を読んだ人に強い恐怖心を抱かせるものだと言え、悪質だ」と批判した。一方、堀田被告が反省の態度や謝罪の意を示しているとして、執行猶予が相当と判断した。

    ◇

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で芸術監督を務めた津田大介氏が14日、名古屋地裁を訪れ、堀田修司被告の判決を傍聴した。終了後に報道陣の取材に応じ、「匿名化した脅迫ではなく、異議があるのであれば議論の場で話してほしかった」と語った。

 表現の不自由展は、8月の芸術祭開幕後にテロ予告や抗議の電話が相次ぎ、3日間で中止になった。対策を取った上で、閉幕6日前の10月8日に再開されたが、津田氏によると、被害届を出している中でまだ犯人が検挙されていない事件もあるという。

 今回の事件について、「『ガソリン』というキーワードを使って効果的にイベントをつぶす実例が作られてしまった。模倣犯を生み出すということで影響が大きい事件だった。その点は本人に重く受け止めていただきたい」とも述べ、警察に対して同様の脅迫事件を迅速に捜査するよう求めた。