皇位継承に伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」の中核行事「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が15日未明、皇居・東御苑で終了した。天皇、皇后両陛下は午前4時過ぎ、皇居を後にした。

 儀式の後半に当たる「主基殿供饌(すきでんきょうせん)の儀」は同日午前0時半過ぎから、大嘗宮の西側の神殿「主基殿」で行われた。五穀豊穣(ごこくほうじょう)や国家安寧を祈り、新穀を供えて自らも食す儀式。14日午後6時半ごろから大嘗宮東側の「悠紀殿(ゆきでん)」で行われた「悠紀殿供饌の儀」も同じ内容だった。

 皇后雅子さまは白色の十二単(ひとえ)姿で、主基殿の近くに設けられた「帳殿(ちょうでん)」で拝礼した。他の皇族方は、秋篠宮さまを含めて計9人参列した。そのうち、男性皇族は秋篠宮さまのみだった。

 深夜の大嘗宮周辺は、時折、冷…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら