[PR]

 東京ドームで開かれている野球の国・地域別対抗戦「プレミア12」が、大詰めを迎えている。日本は、16日午後7時からの2次ラウンド最終戦で韓国に勝てば、首位で決勝に進出することが決まる。ただ、この試合前に決勝進出が決まる可能性もある。カギを握っているのが、前日15日午後7時から試合をする韓国だ。

 6チームによる2次ラウンドは、1位と2位が決勝へ、3位と4位が3位決定戦へ進む。現在、決勝に進む可能性があるのは、日本(3勝1敗)、メキシコ(3勝1敗)、韓国(2勝1敗)の3チームだ。

 2次ラウンドの最終結果で勝敗が並んだ場合は、そのチーム同士の直接対決で勝っている方が、上位となる。ここでポイントとなるのが、15日の韓国―メキシコ戦だ。

 韓国が勝った場合、その時点で日本は2位以上が決まる。たとえ16日の日韓戦に敗れても、3勝2敗で並ばれるメキシコには、直接対決で勝っているからだ。

 15日にメキシコが韓国に勝っ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら