写真・図版

[PR]

 寒い季節になり、手足がいつも冷たい――。こんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。体を温めて、冬を元気に乗り切るコツを知りましょう。

 「冷えは、ほっておくと血液の温度が下がって流れが滞り、酸素や栄養素が届かなくなり、必要なものがつくれなくなります。あらゆる病気のもとになるんです」

 愛用しているという携帯湯たんぽを太ももの上に置きながら話してくれたのは、「冷え」に関する著書も多い東京有明医療大学の川嶋朗教授。そもそも、「冷え」とはどういう状態なのか。川嶋さんは「平熱が低い人だけでなく、高めでも、寒さや冷たさを苦痛に感じている状態を『冷え』や『冷え症』と考えています」と説明する。

 体温が上がれば体調は変わる、と川嶋さんは断言する。不眠で悩む人が、湯たんぽで体を温めたらその日から寝られたり、不妊症の人が妊娠したり、という例もあるという。

 「体を温める『温活』は難しくないし、お金もかからない」という川嶋さんに、対策を教えてもらった。

 まずは、冷たい飲み物や食べ物を避け、体温より高い温度のものを取るようにする。それでも変わらなければ、食材にこだわる。そして、よくかむこと。「かむことで内臓脂肪が燃えて体温が上がります」

 洋服は、下半身を中心に温める…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら