[PR]

旭化成 小堀秀毅社長に聞く

 米中の貿易摩擦が長引き、世界的に製造業への悪影響が広がっている。旭化成の小堀秀毅社長に見通しを聞いた。

 トランプ米大統領は、米中西部のラストベルト(さびついた工業地帯)などの製造業を守ると主張していますが、米国には製造業は戻ってこないと思います。移民が多く、多種多様な人材を抱えるなか、生産性や品質を担保していくのは難しい。

 一方で、多様な民族が集まっているからこそ、「GAFA」(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)のような、従来にはなかったビジネスが出てきます。

 ですが、中国と摩擦を起こして中国市場に入れないのでは、せっかく新しいビジネスモデルを生み出しても、それがもたらす効果が限られる可能性があります。ですから、トランプ大統領の通商政策でアメリカは今後やっていけるのか、という懸念があります。

 一方で中国は、華為技術(ファーウェイ)がスマートフォン用の基本ソフト(OS)を自前でつくるなど、産業発展に力を入れています。摩擦が激化すれば、自国の巨大市場に閉じこもってしまうかもしれません。そうするとアメリカは、中国にモノを出せなくなってしまいます。

 米中摩擦が長期化したり、多国間協定よりも二国間協定が進んだりするなら、当社も製造拠点を中国ではなくASEAN諸国など、他国に移すことを考えないといけません。

 中国が国産化を進める中、日本企業としてどう入り込むのか。従来以上に考えないと厳しくなります。我々単独では厳しいかもしれません。大きな戦略の転換期に来ているように思います。(聞き手・江口英佑)