[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックで、大会組織委員会と東京都が「ボランティアにはアイスクリームや瞬間冷却剤などを配る」「選手には体を冷やせるよう、1300トン以上の氷を用意する」など、今夏の酷暑を受けて新たな暑さ対策案をまとめた。対策費は総額100億円程度になる見通しだが、どうやら十分ではなさそうだ。関係者が「最大の課題」と心配するのはどこなのだろうか。

 組織委は9月末、学生や社会人ら約50人を集めて新しい知恵を出し合う「アイデアソン」を実施。若い世代の発想に頼った。実際に「水分補給を促す『乾杯コール』などで盛り上げる」「国旗をデザインした冷却ジェルシートの商品化」などのアイデアが出て、具体化に向け検討している。

 関係者が「最大の課題だ」と心…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら