[PR]

 老犬の世話をする会社を営む父親の遺体を、高松市の会社兼自宅の敷地で焼いて捨てたとして、香川県警は14日、長男で同社役員の林田崇容疑者(29)=同市香南町西庄=を死体損壊と死体遺棄の容疑で逮捕し、発表した。容疑を認め、「仕事上で意見の食い違いがあった」と話しているといい、県警は殺人容疑も視野に捜査する方針。

 県警によると、林田容疑者は10月30日から11月13日の間、会社兼自宅の敷地内で父昭さん(70)の遺体を焼き、遺棄した疑いがある。遺体は見つかっていないが、敷地内の焼却炉から大量の灰が見つかったといい、関連を調べている。

 昭さんは老犬の預かりサービスのほか、香川県内の大型商業施設でペットホテルなどを経営。県警は11月1日、知人から捜索願が出されたのを受け、林田容疑者からも事情を聴いていた。