[PR]

 中国の習近平(シーチンピン)国家主席は14日、ブラジルの首都ブラジリアで開かれているBRICS首脳会議で香港情勢について触れ、「香港で続いている過激な暴力犯罪行為は、法の支配と社会秩序を踏みにじっており、『一国二制度』の原則への重大な挑戦だ」と発言した。

 政府への抗議デモが長期化する香港の状況について、習氏が国際社会に向けて語るのは初めて。デモ隊への妥協を許さず、取り締まりを徹底する姿勢を鮮明に示したものだ。

 中国国営新華社通信が伝えた。習氏は「暴力を止め、秩序を回復することは香港の最も緊急の任務だ」とし、「香港の警察が厳正に法を執行し、香港の司法機関が暴力犯罪分子を処罰することを断固支持する」と述べた。

 その上で「国家の主権や安全を…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら