[PR]

 15日午前1時5分ごろ、山口市阿東(あとう)生雲東分(いくもひがしぶん)の無職炭谷延治(すみたにのぶはる)さん(76)方で、「建物が燃えている」と、この家に住む女性から119番通報があった。山口県警によると、木造平屋住宅が全焼し、焼け跡から4人の遺体が見つかった。

 山口署によると、この家には入院中の炭谷さんを除き、妻の美知代さん(71)、息子の功二さん(35)、娘の池田加奈子さん(31)、池田さんの娘で中学生の亜来亜(あくあ)さん(12)が住んでいるが、いずれも連絡が取れていない。

 現場は山口市中心部から北東に約25キロ、JR山口線三谷駅の北約2・5キロの山あいに民家が点在する田園地帯。全焼した住宅は外壁が焼け崩れ、屋根が傾いていた。黒く焼けこげた家具が近くに散乱し、警察と消防が調べていた。

 近くに住む中野光三さん(63)は「午前1時過ぎ、バチバチという何かが燃えるような音を聞いた。家の外に出たら、炭谷さんの家が炎を上げて燃えていた」。伊藤八重子さん(90)はトイレに起きた午前2時ごろ、訪ねてきた警察官に火災の発生を知らされた。「奥さんは物静かな人で、手押し車を押していた。昨夜は霜が降りて冷え込んだ。こんな火事は付近で起きたことがなく、気の毒でならない」と話した。

 下関地方気象台によると、現場付近では15日朝、最低気温零下2・2度を記録、今季一番の冷え込みとなった。空気も乾燥していたという。