[PR]

 安倍晋三首相主催の公的行事「桜を見る会」に首相の地元有権者が多数参加していたとされる問題で、首相は15日午後、首相官邸で記者団の取材に応じ、「国会から求められれば、出て行って説明するのは当然のことだ」と述べた。

 首相は、野党が公職選挙法などに違反する疑いがあると指摘していることについては、「国会で申し上げている通り、きっちりと事務所の方で対応していると聞いている」と述べた。

 同会をめぐっては、首相は8日の参院予算委員会で「招待者の取りまとめなどには関与していない」と答弁した。だがその後、首相の事務所名で、同会を日程に含んだ観光ツアーを案内する文書が地元有権者に届いていたことなどが発覚。首相は、野党が求める衆参予算委の集中審議について「国会でお決めになれば、政府として説明を果たすのは当然だ」と言明した。