[PR]

 日本大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、東京地検立川支部は15日、傷害容疑で告訴されて書類送検された内田正人・前監督(64)と井上奨(つとむ)・元コーチ(30)、タックルをした宮川泰介選手(21)の3人を不起訴処分にし、発表した。

 内田、井上両氏については、選手への指示が認められなかったと判断し、「嫌疑不十分」とした。宮川選手は被害者側と示談が成立していることなどを踏まえ、「起訴猶予」とした。犯罪事実は認められるものの、処罰の必要性が低いと判断されたとみられる。

 発表によると、宮川選手は昨年5月6日午後1時半ごろ、東京都調布市で行われた関西学院大学との試合で、相手選手(当時19)にけがをさせようと考え、ボールを持っていない同選手に背後からタックルをして転倒させ、腰などに全治4週間のけがを負わせたとされる。

 この問題をめぐっては、日大の第三者委員会がタックルは内田、井上両氏の指示と判断し、2人を懲戒解雇処分としていた。宮川選手は試合への出場を自粛している。第三者委の結論と、地検立川支部の認定が異なった点について、同支部の長谷川保・支部長は「捜査機関として刑事事件の捜査を行った上でこういう判断になった。委員会の判断についての論評は差し控えたい」とした。