[PR]

 クリスマスシーズンを前に静岡市葵区の青葉シンボルロードなどで15日、イルミネーションの点灯が始まった。

 市役所前の葵スクエアには高さ約7メートル超の光のタワーが登場。「静岡の色」をテーマに赤はイチゴ、青は駿河湾などを表しているという。シンボルロードから常盤公園にかけては16万個の電球が輝き、道行く人がスマートフォンなどで撮影していた。

 点灯式を見守った焼津市の女性(65)は「1年ももう少しで終わると感じる。イルミネーションを見るとほっとします」。光のタワーは来年1月13日まで、イルミネーションは同月末まで。(堀之内健史)