[PR]

 日本大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、傷害容疑で告訴されて書類送検されていた内田正人・前監督(64)と井上奨・元コーチ(30)、タックルをした宮川泰介選手(21)の3人について、東京地検立川支部は15日、不起訴処分にすると発表した。

 宮川選手は被害者側と示談が成立していることなどから「起訴猶予」になった。処分を受け、代理人を通じて、「私の反則行為により、けがをさせてしまった被害選手とそのご家族、及び、関西学院大学アメリカンフットボール部の関係者の皆様に、改めて、おわび申し上げますとともに、嘆願書集めを始め、私に対していただいたご支援に、心から御礼申し上げます。また、応援して下さった皆様と、支えてくれたチームに、深く感謝申し上げます。今回の経過と処分を重く受け止め、今後の糧とさせていただきます」とコメントを寄せた。

 宮川選手は昨年5月6日、関西学院大との試合で相手選手に背後からタックルし、けがを負わせた。

 宮川選手は内田、井上両氏から…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら