[PR]

 ジャニーズJr.内の7人組グループ「Travis Japan」(トラジャ)が、京都・南座で初の単独主演舞台に挑んでいる。得意の一糸乱れぬダンスに加え、トランポリンを使った大技、芝居もとりいれ、自分たちにしかできない表現を目指す。

 メンバーは、宮近海斗、中村海人、七五三掛龍也(しめかけりゅうや)、川島如恵留(のえる)、吉澤閑也(しずや)、松田元太、松倉海斗の7人。

 公演タイトルは「虎者(トラジャ)―NINJAPAN―」で、滝沢秀明が構成・演出を手がけた。

 第1幕は忍者をモチーフにした和のショー。見せ場は、壁を使ったトランポリン「ウォール・トランポリン」だ。海外を目指すには、ダンス以外にも感嘆される武器が必要、と滝沢が提案した。

 特訓を重ね、プロからも「大会…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら