[PR]

 日本大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、傷害容疑で告訴されて書類送検されていた内田正人・前監督(64)と井上奨・元コーチ(30)、タックルをした宮川泰介選手(21)の3人について、東京地検立川支部は15日、不起訴処分にすると発表した。処分の理由について、内田、井上両氏については「嫌疑不十分」、宮川選手は被害者側と示談が成立していることなどから「起訴猶予」とした。

 この問題をめぐっては、日大が設置した第三者委員会がタックルは内田、井上両氏の指示と判断し、2人を懲戒解雇処分としていた。第三者委の委員長を務めた勝丸充啓氏(元広島高検検事長)は、処分発表を受けて取材に応じた。

 第三者委と判断が分かれたことなどについて、「(検察の)捜査と(第三者委の)調査では違う。私たちの調査では『ここだけの話として教えて下さい』というなかで進めてきた。自分の名前が公になる状態で署名し証拠とする捜査とは、集まってくる材料が全然違う。私たちが話を聞いたほとんどの人は、他では名前を絶対に出したくないという人たちだった。私たちは調査結果に自信を持っている」と話した。

 また、「『嫌疑不十分』は『指示がなかった』ということを意味するものではない。指示があったという証拠を集めきれなかった、立証できなかったということ。指示がなかったとは絶対に言い切れない事案だと思っている」とした。

 日大アメフト部のその後の活動などについては、「昨年の調査によって、現場はすでに改善されてきている。反省から改善を進められているので、私たちの調査は調査としての役割を果たしたのだと思う」と語った。