小川誠子さん(おがわ・ともこ=囲碁棋士六段)が15日、病気で死去した。68歳だった。日本棋院によると、通夜、葬儀の日程は未定。

 66年に木谷実九段に入門し、70年にプロ入り。女流本因坊、女流鶴聖などのタイトルを獲得して第一線で活躍する一方、長年にわたりNHK杯テレビ囲碁トーナメントの解説者の聞き手を務めた。夫は俳優の山本圭さん。