[PR]

 2021年の大学入試改革では、思考力や判断力、表現力を重視した問題が増えます。どうやって勉強すれば良いのか、NMB48のメンバーが書いた小論文を大手予備校「河合塾」で小論文を指導する加賀健司講師に添削してもらい、そのヒントを探ります。安田桃寧さん(18)が「お題」を読んで小論文を書きました。

課題

 「『ブサカワ』の例を一つ挙げて、その例の『ブサイク』な点と『カワイイ』点を説明しよう」(200字まで)

安田桃寧さんの小論文

 私は「ブサイク」の例としてパグを挙げる。パグのブサイクな点は、顔のシワである。見方によれば怒っていたり困っているように見える。顔に深いシワが入っている犬が見慣れないため、ブサイクに感じてしまうのかもしれない。かわいい点は丸いつぶらな瞳である。何か言いたげな目をしていると感じるので、それに癒される人も多いだろう。ブサカワとは決して否定的な意味では無いから、一つの褒め言葉として使う人が増えてほしいと願う。

■加賀健司講師…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら