[PR]

 国の予算を使って首相が毎春開催する「桜を見る会」に安倍晋三首相の地元有権者が多数参加していることについて首相は15日夜、「(前日に行われた)夕食会を含め、旅費、宿泊費等のすべての費用は参加者の自己負担で支払われている」と説明した。事務所や後援会としての収入、支出は一切ないと強調。「政治資金規正法上の違反には全く当たらない」とした。

 首相は15日夜、記者団に対し、首相官邸で約20分にわたって取材に応じた。こうした対応は異例で、野党などから「桜を見る会を私物化している」といった批判が高まるなか、一定程度説明することで事態の収拾をはかるねらいがあるとみられる。

 首相の説明によると、旅費、宿泊費については、参加者がそれぞれの旅行会社に支払い、夕食会費用については会場入り口の受付で安倍事務所職員が1人5千円を集金し、ホテル名義の領収書を発行。受け付け終了後に集金したすべての現金をその場でホテル側に渡すという形で参加者からホテル側へ支払ったとした。

 また、夕食会の会費が安すぎるのではないかという指摘については、参加者の大多数がそのホテルに宿泊している事情などを踏まえ、ホテル側が設定したと説明した。

 また、首相は「長年の慣行とはいえ、私自身も年数を経るごとにだんだん人数が多くなってきた」とし、「そのことは反省しなければならない」と述べた。野党が求める予算委員会の集中審議については「国会から求められれば、説明責任を果たすのは当然のことだろう」と語った。ただ、自民党国会対策委員会の幹部は「(予算委は)やらない」と述べ、首相の国会での説明には否定的だ。