[PR]

 三越伊勢丹ホールディングスは、米ブランドの「ANNA SUI(アナスイ)」と結んでいる国内販売とライセンス使用契約を、来年3月末で終了する。収益が低迷しているためで、三越伊勢丹やほかの百貨店、商業施設に入っている直営店全10店とアウトレットの2店を順次、閉める。

 アナスイは、伊勢丹(現三越伊勢丹)が1996年に契約を結び、日本に広めた。熱烈な支持層がいるブランドだが、事業売上高は2019年3月期、ピークだった08年3月期の半分程度に落ち込んでいた。

 ライセンス使用契約をめぐっては、三越伊勢丹が製造の契約をしているメーカー約15社からアナスイと直接契約を結ぶところが出て、一部の商品の販売が残る見込みという。