[PR]

 国際刑事裁判所(ICC、オランダ・ハーグ)は14日、ミャンマーの少数派イスラム教徒ロヒンギャの人々が迫害されている問題について、「人道に対する罪」の疑いで正式に捜査を始めることを決めた。軍の関与が疑われているミャンマー政府は反発している。

 ICCは「ロヒンギャの人々に対し、宗教や民族を理由にした国外追放や暴力、迫害があったと信じられる合理的な根拠がある」と14日に発表した声明で指摘。その結果、「60万~100万人程度」が隣国のバングラデシュに避難を余儀なくさせられた疑いがあるとしている。

 ミャンマーはICCの設立根拠となっている条約の締約国ではない。そこで、締約国のバングラデシュで罪の一部が実行されたと解釈することで、ロヒンギャ迫害がICCの捜査対象になると判断した。

 ICCの検察官は今後、バングラデシュを中心に被害者への聞き取りなどを進める見通しだ。容疑が固まれば、ICCへの協力義務がある締約国と連携し、容疑者の逮捕を試みるとみられる。

 ただし、ミャンマー側がICC…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら