[PR]

 第98回全国高校サッカー選手権静岡県大会(県サッカー協会など主催)の決勝が16日、袋井市愛野のエコパスタジアムであり、静岡学園が6―1で富士市立を下して5年ぶり12回目の優勝を果たした。静学は12月30日に開幕する全国大会に出場する。

 開始わずか18秒。

 静学の松村優太(3年)は相手DFの横パスを奪って中央に切れ込み、左足でゴール左隅に流し込んだ。電光石火の先制点だ。

 「立ち上がりから相手を圧倒す…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら