[PR]

 明治安田生命J2は16日、第41節があり、1位柏は町田を3―0で下して2度目の優勝と来季のJ1復帰を決めた。自動昇格の残り1枠を巡っては、2位横浜FCが岡山を1―0で破って昇格に前進。3位大宮は新潟と1―1で引き分け、横浜FCとの勝ち点差が2に広がった。岐阜は甲府に1―3で敗れて最下位が確定し、J3降格が決まった。

降格知る2人が躍動

 昨季の降格を知る2人がJ1復帰を決める勝利の立役者となった。前半2分にMF瀬川がこぼれ球を振り抜いて先制し、その3分後、MFクリスティアーノが頭で追加点。優位を揺るぎないものにした。「1年で昇格する義務があると思っていた」とクリスティアーノ。瀬川は「ほっとした。今季、苦しみながら得たチームの変化をJ1でも発揮したい」。

     ◇

 ネルシーニョ監督(柏) 「序盤からボールを支配し相手を上回ることができた。心の底からJ1復帰をうれしく思う」

 瀬川(柏) 開始2分で先制。「早い段階で決めることができてよかった。今季苦しみながら得たチームの変化をJ1でも発揮したい」

 クリスティアーノ(柏) 2得点。「1年で昇格する義務があると思っていたので、使命を達成したという気持ち。やはり柏はJ1にいるべきチーム」