[PR]

スポーツのミカタ

 第99回全国高校ラグビー愛知県大会の決勝は16日、豊田市運動公園球技場で行われ、中部大春日丘が87―0で西陵を下し、7年連続9度目の優勝を飾った。中部大春日丘は12月27日に花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で開幕する全国大会に出場する。

 中部大春日丘は先発フォワード8人の平均体重が92キロで西陵を14キロ上回るなど、体格で圧倒、攻守に強さを見せた。

 前半10分、密集から力で押し込んで先制トライを決め、その後も軽快なステップや素早いパスで加点した。10人が合計13トライを挙げ、誰からでも仕掛けてみせた。無失点の守りでは素早いカバーが光った。

 宮地真監督は「立ち上がりから…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら