[PR]

 福岡県田川市で昨年11月、エアソフトガンで1歳4カ月の三男を撃ってけがをさせたとして両親が傷害容疑で逮捕された事件で、その後亡くなった三男の死亡時の体重が平均の10キロを下回る約6キロだったことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は、両親が十分な食事を与えていなかった可能性も視野に捜査している。

 逮捕されたのは、父親の土木業常慶(じょうけい)雅則(24)と母親の無職藍(あい)(24)の両容疑者。捜査1課によると、昨年11月下旬、自宅で三男の唯雅(ゆいが)ちゃんにライフル型のエアソフトガンでおもちゃの弾丸「BB弾」を数十発発射し、約3週間のけがを負わせた疑いがある。ともに容疑を否認している。

 12月1日未明、藍容疑者が「三男が息をしていない」と119番通報。搬送後、死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は肺感染症だった。

 捜査関係者によると、顔を含む全身にエアガンの痕とみられる斑点状のあざがあったことや、病院を受診していなかったことから、県警は傷害致死や保護責任者遺棄致死容疑も視野に捜査。法医学者の意見を踏まえ、あざと死亡との因果関係はないと判断した。ただ、栄養が十分に与えられなかったことで免疫力が落ち、肺感染症を引き起こした可能性もあるとみて、当時の養育状況などを調べている。

 一家は事件当時、5人暮らし。子どもは唯雅ちゃんのほか、当時3歳の長男と4カ月の長女がいた。次男は2016年6月、生後2カ月で乳幼児突然死症候群により死亡している。

■住民「(長男の)頰はれている…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら