[PR]

 和歌山県串本町田原地区で進む国内初の衛星搭載型民間ロケットの打ち上げ事業で、発射場の建設工事が始まった。事業主体の会社は射場の名称を「スペースポート紀伊」と決定。2021年夏までに完成させ、同年度中の打ち上げを目指す。

 16日午前、建設予定地で起工式が開かれ、関係者ら約100人が出席。その後の祝賀会で名称が発表された。事業主で、キヤノン電子や清水建設など4社が出資してつくった「スペースワン」(東京)の太田信一郎社長は名称について「宇宙への扉を開き、地球と宇宙をつなぐ新たな鍵、キーになるとの思いを込め、和歌山の『紀伊』ともかけた」と語った。キヤノンの御手洗冨士夫会長は「宇宙ビジネスは時代の趨勢(すうせい)。蓄えた最先端技術を駆使して成功に結びつけたい」と話した。

 スペースワンによると、敷地の広さは約15ヘクタール。ロケットを打ち上げる場所の「射点」、ロケットの発射管制のほか射場全体の管理をする「総合指令棟」、組み立てや点検を行う建物などを建設する。基本的なロケットの高さは約18メートル、重量は約23トンで、20年に試験や製造に入り、21年度中に初号機を打ち上げる方針。年間20回の打ち上げを目標に掲げる。太田社長は「小型衛星を届ける『宇宙宅配便事業』だ。低コストで利便性の高いサービスを目指したい」と意気込む。

 県は10年間で670億円程度…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら