[PR]

 違法薬物を所持したとして、警視庁は16日、俳優の沢尻エリカ容疑者(33)を麻薬取締法違反容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 沢尻容疑者は、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」に、斎藤道三の娘で織田信長の妻、帰蝶(濃姫)役で出演予定で、ドラマの撮影は今年6月にすでに始まっている。NHK広報局は「事実関係を確認中で、大河ドラマについては今後の対応を検討中」としている。

 沢尻容疑者は2005年公開の映画「パッチギ!」でヒロイン役を演じ、同年にテレビドラマ「1リットルの涙」で主演。翌06年に主演したドラマ「タイヨウのうた」では、同名の劇中歌をKaoru Amane名義で歌い、ヒットした。

 12年の映画「ヘルタースケルター」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。その後も14年の「ファーストクラス」、16年の「大奥」、18年の「ハゲタカ」、今年の「白い巨塔」などテレビドラマに出演。映画も15年の「新宿スワン」、今年9月に公開されて現在も上映中の「人間失格 太宰治と3人の女たち」などに出演し、活躍していた。

 「人間失格 太宰治と3人の女たち」を共同配給するアスミック・エースの担当者は、「所属事務所とも連絡がつかず、詳細を把握できていない。対応を協議中」と取材に答えた。上映を中止するなどの措置は現段階で決まっていないという。