[PR]

 自民党の石破茂・元幹事長は16日のBS朝日の番組収録で、国の予算を使って開催する「桜を見る会」に安倍晋三首相の地元有権者が多数参加していた問題について、「政府は公平かどうかを問われている。総理の説明に納得いかないという人もおられるとすれば、きちっと説明していただかないと(いけない)」と述べた。

 首相は15日に記者団の取材に応じて違法性を否定しているが、石破氏は世論次第で首相のさらなる説明が必要になるとの認識を示した形だ。

 収録には立憲民主党の枝野幸男代表も出演。首相が出席する衆参両院の予算委員会の開催を求める枝野氏が「自民・公明が参加しないと呼ぶことは出来ない」と指摘すると、石破氏は「仮に自民党が『総理は(予算委に)出なくてよい』と言ったとしたら、それは自民党全体の責任。自民党が問われることになる」。「公正に税金を使っていると理解してもらうのは政府の責任だ」とも語った。