[PR]

 イタリア・トリノを訪問中に体調を崩して救急搬送され、一時重体となっていた漫画家の松本零士さん(81)の容体が、16日夕(日本時間17日未明)までに改善したと、同国の通信社ANSA通信が報じた。

 搬送先の病院によると、松本さんは15日に救急患者のための治療室に運ばれ、呼吸管理のために気管内に挿管していた。同通信によると、16日午後4時(同17日午前0時)ごろに管は外され、容体は回復傾向にあるという。ただ、数日間は様子を見る必要があるとしている。

 松本さんは、イタリア国内での自身の作品のアニメ放映40周年を記念するイベントに出席するため、14日にイタリアを訪れた。15日に「銀河鉄道999」の上映会が開かれた映画館で体調を崩し、病院に救急搬送されていた。(ローマ=河原田慎一)