[PR]

 (静岡・太平洋C御殿場 7262ヤード=パー70)

 男子ゴルフの三井住友VISA太平洋マスターズは17日、最終ラウンドが行われ、首位から出たアマチュアの21歳、金谷拓実(東北福祉大)が1イーグル、6バーディー、3ボギーの65をマークし、通算13アンダーでツアー初優勝を果たした。アマチュアのツアー優勝は1973年のツアー制度施行後、80年の倉本昌弘(中四国オープン)、2007年の石川遼(マンシングウェアオープンKSB杯)、11年の松山英樹(三井住友VISA太平洋マスターズ)に続き、史上4人目。アマは賞金を受け取れないため、2位のショーン・ノリス(南アフリカ)が優勝賞金4千万円を全額、獲得した。

鍛え上げた心技体

 2人が首位で並んで迎えた18…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら