[PR]

 動物園や水族館の動物を専門的に治療する医師団が盛岡市で発足した。岩手大動物病院にある診療科を拠点に、各地の獣医師が連携しながら診察にあたっている。診療費の捻出が難しい施設には医師団側で負担することもあり、活動資金を集めている。

 11月、動物病院の「動物園水族館動物診療科」で天然記念物ニホンイヌワシの診療があった。医療チーム「未来を創るどうぶつ医師団」理事長で、同診療科の福井大祐准教授(46)ら獣医師4人が担当した。

 盛岡市動物公園で飼われている20歳の雄「出羽(でわ)」で、せきや食欲低下などの症状があった。血液検査や内視鏡検査などの結果、気管炎の可能性があることがわかった。動物公園の松原ゆき獣医師(39)は「内視鏡を使えたから原因がわかった。動物公園にはない設備を使い、他の獣医師と意見交換しながら診察できるのは大きい」と話す。

 動物園や水族館の飼育動物を専門とする獣医師の数は多いとは言えない。医師団では絶滅危惧種など症例が少ないケースにも対応できるようネットワークを築き、知識を共有・蓄積していく。福井准教授など3人の獣医師を合わせて5人の設立メンバーがいる。

 一方、ネックになっているのが…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら