[PR]

それぞれの最終楽章・離島に学ぶ(1)

「きゅ~ぬふから舎」管理者 坂東瑠美さん 

 沖縄県・宮古島と橋でつながった人口約570人の池間島。面積は約3平方キロメートルで、四方はエメラルドグリーンの海に囲まれています。私はそこにある小規模多機能型の事業所「きゅ~ぬふから舎」で働いています。

 「きゅ~ぬふからしゃ」は、島の言葉で「今日も楽しいね」という意味です。実際のケアや看取(みと)りは島出身のスタッフや、利用するおじぃやおばぁだけでなく島のみんなでしていて、私はそこから日々「学び」を得ています。このシリーズでは、そんな学びを、みなさんにお伝えしたいと思います。

 初回は、2010年から約1年間利用した下地清一さん(享年86)です。当時私は、池間島に移住する前で、宮古島のクリニックで訪問看護師をしていました。「きゅ~ぬふから舎」を運営するNPO法人いけま福祉支援センター理事長の前泊(まえどまり)博美(67)が中心になり、ケアをしていました。

 清一さんには、妻と5人の子ど…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら