[PR]

 日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の23日の失効を前に、日米韓の防衛相が17日、バンコクで会談したが進展は見られなかった。失効すれば安全保障上の影響は避けられず、日米韓の安保協力も後退する事態となる。

 「日韓の防衛当局の関係は、朝鮮半島情勢、東アジアの安保情勢が厳しい中、今後も非常に重要だ。しっかり鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相と意思疎通していきたい」

 河野太郎防衛相は鄭氏との日韓防衛相会談後こう語った。だが、双方の主張は平行線に終わり、バンコクでの再会談の予定もないという。

 GSOMIAは、防衛上の秘密…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら