[PR]

 サッカーの国際親善試合・キリンチャレンジカップは17日、U22(22歳以下)による日本―コロンビアがエディオンスタジアム広島であり、東京五輪世代の日本は0―2で敗れた。

 堂安(PSVアイントホーフェン)や久保(マジョルカ)らすでにA代表入りしている選手も集めた日本は攻守ともに連係が悪く、後半2、14分に連続失点。好機も乏しく、U22代表として国内初だった試合を勝利で飾れなかった。

久保と堂安のトップ下コンビが不発

 格の違いを見せる、はずだった。A代表の常連となりつつある攻撃的MF久保と堂安が五輪代表では初めて、ともにピッチに立った。結果は無得点。決定機も生み出せなかった。「もう1回、現実を見つめ直さないといけない。ふがいない」。久保は厳しい表情を崩さなかった。

 2人はトップ下に並んだ。ドリブル突破、ボール保持など個人能力の高さは随所で光った。だが、2人が遠い距離でプレーすることが多く、パスがつながらない。周囲との意思疎通の不足も明らかで、孤立する場面が目立った。

 久保と堂安はワールドカップ予選に挑んだA代表の活動を外れ、この世代との融合に挑んだが、一筋縄ではいかなかった。初招集だった堂安は「普段の練習に参加しないと限界がある」と苦悩を明かした。

「金メダルを目指すのは私だけか」

 エース候補の2人だけの問題で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら