[PR]

 県内の野球少女を対象にした野球教室が17日、長野県諏訪市のしんきん諏訪湖スタジアムであった。講師は、女子硬式野球の強豪チーム「侍」(埼玉県)と、松本国際高校女子野球部の選手たち。小中学生40人が参加し、「憧れの先輩」と一緒に汗を流した。

 「ホームランを目指そう。空振りしてもいいから思いっきり振って」「ゴロを捕る時は、体勢を低く、グラブは立てて」。子どもたちは、講師の選手からアドバイスを受けながら、バッティングや守備練習に取り組んだ。

 飯田市の小学6年、牧野喜恵(きえ)さんは教えてもらった通り、力強くバットを振った。「打てるようになって楽しかった」と笑顔を見せた。

 県高校野球OB・OG連盟などが主催。女子野球の普及を目的に昨年から始まり、今回で2回目。(田中奏子)