[PR]

 野球の国・地域別対抗戦「プレミア12」は17日、決勝と3位決定戦が東京ドームであり、決勝で世界ランキング1位の日本代表「侍ジャパン」が韓国を5―3で破り、初優勝を飾った。主要国際大会での日本の優勝は、2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)以来。日本は一回に3失点したが、二回に山田哲(ヤ)の3ランで逆転。継投で逃げ切った。すでに来年の東京五輪出場権を獲得している韓国は、第1回大会に続く連覇はならなかった。最優秀選手(MVP)には日本の鈴木(広)が選ばれた。ベストナインには二塁手で菊池涼(広)、外野手で鈴木が選出された。

 3位決定戦では今大会初のタイブレークでメキシコが米国に3―2でサヨナラ勝ちした。メキシコは米大陸勢の最上位となり、東京五輪への初出場を決めた。

■「必ず逆転、信じて…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら