[PR]

 自民党の石破茂・元幹事長は17日、安倍晋三首相の後継を争う自民党総裁選について、「党員をないがしろにすると、必ず報いを受ける」と述べ、あくまで党員・党友による投票によって選挙を実施すべきだとの考えを示した。フジテレビの番組で語った。

 首相の総裁任期は2021年9月まで。党則は「総裁が任期中に欠けた場合」で「特に緊急を要するとき」に、党大会に代わる両院議員総会で後任を選ぶことができると規定している。党内には、首相が任期途中に退陣し、総裁選を国会議員による投票で選ぶことで、首相に近い岸田文雄政調会長への事実上の「禅譲」を図るのではないかという見方が一部にある。

 石破氏は「途中で辞め、緊急事態だから党員投票をスキップしようというのはおかしくないか。党員は総裁を選ぶ権利がある。その権利を奪って国会議員だけで決めることを正当付ける理由がどこにあるのか」と主張。その上で、「党員、国民に選択肢を示さないと、自民党は国民政党たり得ない」と述べ、自身の出馬に改めて意欲を示した。

 石破氏は昨年の総裁選で、党員・党友による地方票で45%を獲得し、安倍首相に迫った。(鬼原民幸)