[PR]

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8強進出を果たした日本代表の活躍を振り返るDVDの発売(12月25日)を記念して、主力のプロップ稲垣啓太とフッカー堀江翔太(ともにパナソニック)が17日、東京都内でトークイベントに出席した。日本を盛り上げた2人の登場に、女性ら200人を超えるファンから黄色い歓声が上がった。

 W杯後、様々なメディアに出ている2人だが、ファンを間近で感じられる距離でのイベント出演は初めてという。流行語大賞の候補にもなった「にわかファン」も会場を訪れ、稲垣は「認知度が上がったと感じる。にわかファンは誰もが通る道。これをきっかけにラグビーの楽しさに気付いてほしい」と話した。

 ファンから「(女性だったら)どの選手と付き合いたいか」という質問が出ると、稲垣はフランカーのラブスカフニ(クボタ)、堀江は主将のリーチ(東芝)を挙げた。大会中にリーチ自身が作った「ラテアート」つきのコーヒーが振る舞われたエピソードも披露した。

 DVDでは、2人がアイルランド戦などの副音声を担当した。強豪を押し込んだスクラムの裏話などを解説しているという。

 代表選手たちは来年1月12日に開幕するトップリーグに出場する。稲垣は「冬の観戦は寒いので、見た目より機能性重視の服装で観戦に来て」と語りかけた。