[PR]

 フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権は17日、横浜市のKOSE新横浜スケートセンターで男子シングルの後半フリーが行われ、前半のショートプログラム(SP)1位の鍵山優真(星槎国際高横浜)が4回転ジャンプを2本決め、171・09点を挙げ、SPとの合計251・01点で優勝した。

 滑り終わった瞬間、勝利を確信した。鍵山は右手を握りしめる。「ジュニアになってから、この試合であまりいい演技ができていなかった。フリーをノーミスで終えられてうれしい」

 冒頭の2本の4回転トーループをはじめ、課題としていたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も決めた。

 出場権を手にした12月の全日本選手権では、SPから4回転を組み込んだ構成にする予定だ。「表彰台の可能性が見えてきた。しっかりと狙って頑張っていきたい」と意気込む。

 父はアルベールビル、リレハン…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら