[PR]

 16、17日に朝日新聞社が行った全国世論調査(電話)で、2020年度から始まる大学入学共通テストについて尋ねた。英語の民間試験を活用することに「賛成」が30%にとどまり、「反対」は49%だった。国語と数学の記述式問題の導入についても「賛成」は35%で、「反対」の44%を下回った。

 英語民間試験を巡っては、受験生の住む地域や経済状況による格差の問題が指摘されている。萩生田光一文部科学相が「身の丈に合わせて頑張って」と発言したことをきっかけに、批判が拡大。来年度からの活用は見送られた。

 調査で、英語民間試験の活用そ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら