[PR]

 若手演奏家の登竜門として知られるロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門の最終選考が16日、パリで開かれ、神戸市出身の三浦謙司さん(26)が優勝し、愛知県東浦町出身の務川慧悟(けいご)さん(26)が2位に入賞した。最終選考には2人を含む6人が臨んだ。ピアノ部門で日本人が優勝するのは2007年の田村響さん以来となる。

 三浦さんは朝日新聞の取材に「これまでまったく無名だったが、努力や信念が認められ、さらに自分を磨けるチャンスをもらえて武者震いしている」と話した。

 4歳でピアノを始め、13歳で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら