ゴーン氏追放、西川氏の大誤算 主導した改革は己の身に

有料会員記事

大鹿靖明、久保智、笠井哲也
[PR]

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン東京地検特捜部が電撃的に逮捕してから19日で1年になる。世界に衝撃を与えた事件の裁判は来春にも始まる。

 ゴーンはすべての事件で無罪を主張している。弁護側は捜査の手続きそのものが違法だとして争点化する方針で、検察側と弁護側の全面対決となる。

 ゴーンに代わって経営トップにのぼりつめた社長の西川(さいかわ)広人も、自らの報酬不正の責任を問われて今年9月に辞任に追い込まれた。極秘に進めた社内調査をもとに特捜部の捜査に全面協力し、ゴーンを「追放」した日産にとっても、この1年は想定外の連続だった。

     ◇

 「おかしな会社があるぞ」…

この記事は有料会員記事です。残り3381文字有料会員になると続きをお読みいただけます。