写真・図版

[PR]

患者を生きる・職場で「不妊治療」(5:情報編)

 「不妊」とは、妊娠を望む健康な男女が、避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しない状態だ。日本産科婦人科学会は、この期間を「1年」と定義している。

 その場合、まず精液や卵管などを調べる「不妊検査」をする。卵管がつまっているなど原因が分かれば、卵管を通す手術など、原因に応じた治療をする。

 原因不明の場合は、排卵と受精を補助する治療を段階的に行う。

 医師の指示で、排卵日付近に頻回に性交をする「タイミング法」▽排卵日ごろに、動きのよい精子を選別し、管で子宮に注入する「人工授精」▽卵巣から卵子をとりだし、体外で受精させて子宮に移植する「体外受精」や「顕微授精」――と進むのが一般的だ。

 国立社会保障・人口問題研究所…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら