沈めないで、故郷の日常 イラストで見つめるダム計画

有料会員記事

小川直樹 横山輝
[PR]

 長崎県佐世保市が建設を進める石木ダムの水没予定地、同県川棚町川原(こうばる)地区が18日、土地明け渡し期限を迎える。ここで両親と暮らす石丸穂澄(ほずみ)さん(37)は、得意のイラストで川原の出来事を発信している。心身の不調でうまく筆を握れない日もあるが、「ふるさとを守ろう」と共感の輪を広げる営みを続けている。

 サワガニやウナギのすむ石木川沿いの自然豊かな里山で育った。絵を描くのが好きで、美大進学をめざしたが、失敗。心に変調をきたし、働くこともままならなくなった。生まれてからほとんどの時間を過ごすふるさとの自然の中で、ゆっくりと絵を描いて自分と向き合ってきた。

 そんな静かな暮らしは、2010年3月末に始まったダム建設に必要な県道の付け替え工事で一変した。

 建設計画浮上から約半世紀…

この記事は有料会員記事です。残り2094文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら